Spot

【この街においでよ!】神保町・小川町

2013/09/06 10:00


 都営交通沿線の街をピックアップする連載。今月号は、古き下町の雰囲気の中に新たなスポットが誕生し、進化を続ける神保町・小川町を特集します。個性が光るショップや飲食店が充実した、魅力的なエリアです。
 神保町・小川町の街歩きが楽しくなる、個性的な文房具を扱う店や飲食店などを紹介。地元で働く人だからこそ知っている“街の魅力”についても聞いてみました!

130906_konomachi01

左奥から「赤青ペンケース55slim」1890 円、「赤青カードケースMaru」3570 円、「GreenMarker Ⓡ mini」483 円(ふせん、本は見本)

使うのが楽しくなる文具
yuruliku(ユクリク)

2人のデザイナーによる文具ブランドのショップで、週2回オープン。使うことで楽しくなったり、会話のきっかけになったりするユニークなデザインの商品が並び、少し変わったギフトを贈りたいときにも最適です。使いやすさや丈夫さにこだわり、下町の職人やデザイナー本人が国産素材で丁寧に制作。新商品も随時登場します。

yuruliku
小川町駅徒歩9分
千代田区外神田2-1-3 東進ビル新館B1階
12:00 ~ 19:00
日~木曜定休、不定休日あり(ウェブで確認を)
TEL:03-6206-8681
http://www.yuruliku.com/

どんな街?
大学や湯島聖堂など、学ぶ施設が多く落ち着いた雰囲気の街。お店の前の神田川を時々観光船が通ります。(デザイナー・池上幸志さん、オオネダキヌエさん)
130906_konomachi02

アトリエ、ショールームも兼ねた店内。ユルリクのオリジナル商品がすべてそろうほか、ここにしかない1 点モノも

130906_konomachi03

手前から「セルロイドペンシルケース( 東京)」2100 円、「アダンの筆セット(沖縄)」5 本1 万2000 円、「筆ペン 彩 秋を描く5 色セット( 奈良)」1050 円、「からかみスタンプ(京都)」2200円から、「はがき箱( 富山)」2100円

職人技とデザインの融合
Rin8890(リンはちはちきゅうまる)

日本全国の伝統工芸の技と、現代のデザインが調和した商品を集めるセレクトショップ。開発秘話や産地の特徴など、それぞれの商品に込められた“ストーリー”を知れば、愛着のわく一品が見つかるはず。文具のほか、食器、雑貨、アクセサリーなどラインアップは多彩。不定期で講演会やワークショップなどのイベントも開催しています。

Rin8890
小川町駅徒歩2 分。千代田区神田淡路町2-101、ワテラスタワーコモン2 階-1。11:00 ~ 20:00。無休。
TEL: 03-3525-8840。
http://rin-japan.jp

どんな街?
歴史スポットや老舗のお店と、ワテラスのような新しい建物が同居する面白い街。アクセスも便利な場所です。(店長)
130906_konomachi04

産地の個性が光る品々は、日常使いはもちろん、プレゼントや海外の方へのお土産にも