Special

【この街、再発見!】清澄白河[大江戸線]

2015/08/27 12:52


今、急速な変化を遂げ、注目を集めるイースト東京。
今号は、昔ながらの下町風情の中に新たなショップやギャラリーが次々とオープンする清澄白河エリアを訪れました。
その中から、この街の雰囲気を象徴する存在の東京都現代美術館と周辺ショップを紹介します。


芸術の秋、新しい刺激を求めて出かけよう!

東京都現代美術館

ドイツからきたマリーさんが体験

150827_ooedo_daiini01

アルフレド&イザベル・アキリザン「住む:プロジェクト―もう一つの国」。江東区立元加賀小学校の児童たちが制作に協力

アートに触れて自分と向き合う貴重な時間
展覧会「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」を鑑賞。
入口すぐのカーテンをくぐるとヨーガン レールの美しい作品が。石垣島の海岸に流れ着いた漂着物で作った多彩なランプに、「こんなにキレイに生まれ変わるなんて!」とマリーさん。
アルフレド&イザベル・アキリザンの展示は、「理想の家」がテーマ。江東区の小学生たちが作った小さい家を積み重ねたオブジェは独創的。マリーさんも故郷の家を思い出しながら作品に浸っていました。

東京都現代美術館
清澄白河駅徒歩13分
江東区三好4-1-1
10:00~18:00
※9月の金曜は21:00まで
(入場は閉館の30分前まで)
観覧料は展覧会により異なる
月曜休館(9月21日、10月12日は開館)、9月24日(木)は休館
TEL:03-5245-4111
http://www.mot-art-museum.jp

おとなもこどもも考える
ここはだれの場所?

●開催期間
10月12日(月・祝)まで
●開館時間
10:00~18:00
※9月の金曜は21:00まで
(入場は閉館の30分前まで)
●休館日
月曜(9月21日、10月12日は開館)、9月24日(木)
●観覧料
一般1,000円
150827_ooedo_daiini02

ヨーガン レール「ヨーガン レールの最後の仕事」。こどもたちに美しい自然を残すために活動した作者の遺作

150827_ooedo_daiini03

セレクトされた書籍や雑貨などが並ぶ「ミュージアムショップ ナディッフ コンテンポラリィ」

ミュージアムショップで気になるグッズに遭遇
デザイン性の高いオリジナルグッズが数多く並ぶ「ミュージアムショップ ナディッフ コンテンポラリィ」。「美術館の売店といえば、絵葉書と書籍のイメージでした。ここにはかわいい小物やお菓子など、欲しいものがたくさん」。

150827_ooedo_daiini04

「おやつキング」のラスクは3種各540円。クッキーとビスケットも人気

150827_ooedo_daiini05

淺井裕介とナディッフのコラボ商品「A4クリアファイル」各324円と「マスキングテープ」各648円

150827_ooedo_daiini06

ドラマのロケ地としても使用されるモダンな建物は、建築家・柳澤孝彦が設計

150827_ooedo_daiini07

無料で利用できる図書館も!
和・洋図書や新刊雑誌のほか、展覧会カタログも閲覧できる「美術図書室」

150827_ooedo_daiini08

レストランで〝現代洋食〞を堪能
日本で発展した洋食メニューに、現在の西洋の技術を融合した〝現代洋食〞が食べられる「コントン レストラン」。日替わりの「御定食」はメインを野菜・鮮魚・お肉からチョイス。また店内にはオリジナルグッズを販売するストアがあり、焼きたての自家製天然酵母パンなどが購入できます。中庭では料理に使うフルーツやハーブなどを栽培。

地下1階「コントン レストラン」
TEL:03-3820-2250
11:00~18:00(17:30LO)
※9月の金曜は20:00(19:00LO)まで

150827_ooedo_daiini09

「本日の野菜の御定食」1720円。自家製の天然酵母パン(写真)または13穀米付き

150827_ooedo_daiini10

「故郷で食べていたパンに似ていてなつかしい!」とマリーさん

150827_ooedo_daiini11

外国人読者レポーター
マリー・クリスティーン・クラウゼさん
ドイツ出身。高校時代に日本に留学し、4年前に日本に移住、専門学校で演劇を学ぶ。「ザ・マーガリンズ」の一員としてアイドル活動中。

外国人読者レポーター募集中

150827_ooedo_daiini12

日替わり野菜がたっぷりの「限定 L.S Café スペシャルグリルプレート」1544円。11:00からの販売。14:00まで(土・日、祝は14:30まで)のランチタイムはスープ付き

L.S Café

オーナーがマルシェなどのイベントで、熱意ある農家と親交を深めたことをきっかけにオープン。オーガニックや無農薬にこだわった野菜がたっぷりのランチプレート(写真)は、ぜひ味わいたい看板メニュー。店内に生野菜販売コーナーもあり、例年9月は北海道産トウモロコシが人気で固定ファンができるほど。ギャラリー展示、ワークショップなどのイベントが開催されることも。

L.S Café
清澄白河駅徒歩3分
江東区白河2-14-7、インゲンビル
8:30~22:30(日曜・祝日は22:00まで)、LOは閉店30分前
不定休(月2回)
TEL:03-6458-5462
http://www.ls-cafe.com

150827_ooedo_daiini13

クラシカルなデザインの紅茶缶が並ぶ店内

150827_ooedo_daiini14

「アイスティーバッグ」各1404円。左から「香りの庭&ネパールミストバレー」、「ポーラーミント&パッションアイランド」

TEAPOND

店内に入ると目をひく背の高い棚に並べられた茶葉たち。約60種の茶葉は、〝旬〞にこだわり、インドやスリランカ、ネパールなどの生産者から直接仕入れています。選ぶのに迷ったらスタッフに相談を。飲み方や甘み、渋みなど好みにあわせた一品を選んでくれます。オリジナルの紅茶缶はメッセージを添えるシールが選べ、ギフトにぴったり。

TEAPOND
清澄白河駅徒歩3分
江東区白河1-1-11
11:00~19:00
月曜・火曜定休
TEL:03-3642-3337
http://www.teapond.jp

150827_ooedo_daiini15

店内のディスプレイが使い方のヒントに。写真中央の「平底試験管」(各248円)と「コルク栓」(各235円)はハーブやスパイス入れに

リカシツ

研究用の理化学ガラス製品を扱う老舗問屋・関谷理化が、個人購入者向けにオープンしたアンテナショップ。フラスコはアクアリウムに、試験管はハーブ入れに、ロートはコーヒードリッパーになど、意外な使い方が。取っ手付きビーカーはオーブンやレンジで温められ、計量カップにもなるスグレモノ。理化学ガラスをオシャレなインテリアとして提案しています。

リカシツ
清澄白河駅徒歩5分
江東区平野1-9-7、深田荘202
13:00~18:00(金曜は13:30から)
不定休
TEL:080-4877-5435
http://www.rikashitsu.jp/

150827_ooedo_daiini16

data
1. 東京都現代美術館
2. L.S Café
3. TEAPOND
4. リカシツ