Special

【この街、再発見!】銀座

2018/12/14 04:34


有楽町や丸の内ともアクセス良好な、都営バス「銀座四丁目」。周辺にはさまざまなブランドショップが立ち並び、新しいスポットも続々登場しています。ソニービルの跡地に誕生した「Ginza Sony Park」をはじめ、気になる飲食店やショップを巡りました。

銀座つぼやきいも

壺の中で炭火を起こして焼いた「つぼやきいも」(1/4サイズ、270円)の店。茨城県産紅はるかの特徴である、強い甘みをさらに引き出すために収穫から2カ月以上、徹底した温度管理のもとで熟成させてから調理。低温で長時間焼くことで水分が閉じ込められ、ねっとり滑らかな食感に仕上がります。蜜たっぷりの甘い焼き芋は、コーヒーやワイン、ウイスキーともよく合います。

特注の壺は素焼きの常滑焼。水分量など芋の状態を見極めつつ、180~200度で90分~3時間かけて焼き上げます。店内にはイートインスペースも

銀座つぼやきいも
中央区銀座7-6-4、GINZA7ビル1階
12:00~22:00(土曜17:00まで)
日曜、祝日定休
12月30日(日)~2019年1月6日(日)休み
TEL:03-6263-8773
https://www.imo-tsubo.com

珞珈壹號(カッカイチゴウ)

10月にオープンした、エレガントな雰囲気のチャイニーズバル。日本では珍しい、中国・湖北省の郷土料理が食べられます。味付けは、希少な「スパークリング紹興酒」や世界各国のワインといったドリンクとのマリアージュを重視。盛り付けも工夫、マーボー豆腐や春巻きなどポピュラーな料理も、写真映えするルックスに。湖北の定番食材であるレンコンを使ったメニューも好評。

省都・武漢の名物「ドウピー」(1490円)。北海道産もち米のおこわと、豚肉、野菜、キノコなどを薄焼き卵で包んでいます

珞珈壹號(カッカイチゴウ)
中央区銀座5-8-9、BINO銀座4階
11:30 ~ 15:00(L.O.14:30)、17:00 ~ 23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
無休
TEL:03-6263-8858
https://kakka-ichigo.com

ATELIER SHINJI GINZA

ジュエリーデザイナー・直井新治さんファミリーが営むハンドメイドジュエリーショップ。マットな質感と柔らかな色合い、曲線を生かしたモダンかつユニークなデザインが特徴です。陳列棚に設けられた小窓からデザイン、鋳造、制作の全工程を手掛けるアトリエを覗き見られるなど、遊び心もたっぷり。金属アレルギーの主な原因とされるニッケルを使わないジュエリーからは、手作りの温もりが感じられます。

緑あふれる店内。ジュエリーのデザインにも野菜や果物、花など自然のモチーフが取り入れられています。1万円~1万5000円ほどのアイテムが中心

ATELIER SHINJI GINZA
中央区銀座5-13-11
10:30~18:30(土曜、祝日17:00まで)
日曜不定休(開店の場合は17:00まで)
12月27日(木)~2019年1月4日(金)休み
TEL:03-5565-5950
http://www.ateliershinji.com


8月にオープンした“垂直立体公園”Ginza Sony Parkへ

ブラジルから来たイルディコ・ゾルトさんが体験!

Ginza Sony Park
中央区銀座5-3-1
5:00~24:30
1月1日(火・祝)休み
入場無料
https://www.ginzasonypark.jp

◆ アヲ GINZA TOKYO/地上階。11:00~19:00。1月1日(火・祝)休み
◆ THE CONVENI/地下1階。11:00~19:00。不定休、1月1日(火・祝)休み
◆ トラヤカフェ・あんスタンド/地下3階。11:00~19:00。水曜定休、1月1日(火・祝)休み
◆“BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERY/地下4階。月~土曜11:00~23:00(L.O. 22:30)、日曜・祝日11:00~22:00(L.O. 21:30)。1月1日(火・祝)休み

パークのアイドル、Sparkとのスキンシップを満喫。名前の由来は「Sony Park」から。2018年発売の新型aibo で、100人の顔を認識できます

地上から地下4階まで“縦に広がる”公園

数寄屋橋交差点に面した「Ginza Sony Park」は、地上階と地下1~4階で構成された公園。さっそく地下1階に降りたイルディコさん、その広々した空間に「地下とは思えない素晴らしい居心地ですね。インテリアもステキ!」。さらに、インフォメーション付近ではエンタテインメントロボットaiboのSpark(スパーク)に遭遇。イルディコさんになでられ、気持ちよさそうに目を細める様子に「なんてかわいい表情なの」と思わず笑顔に。

地下1~3階は開放感あふれる吹き抜け構造に。「上から見下ろすと、他の階に何があるのかワクワクしますね」

地下2階では、体験型イベントやライブなどのプログラムを開催。写真は12月16日(日)までの展示『♯003 The Waiting room』。12月22日(土)からは『♯004 未来の銀座の運動会』を開催予定

多彩なクラフトビールとあんこメニューを堪能

お気に入りはコレに決定!

常温に近い温度で香りを楽しむ「496」、キンキンに冷えた「on the cloud」、ラズベリー味の「JAZZBERRY」などを含む「コアシリーズ6種飲み比べセット」

地下4階「BEER TO GO」では、クラフトビールの飲み比べセットをオーダー。ひと通り味わったイルディコさん、「ビールごとに適温や味わいがまるで違うのね」と感心しきり。

「BEER TO GO」は、代官山などに醸造所を構えるSPRING VALLEY BREWERY の直営店。クラフトビールも料理も常時17種類前後を用意

地下3階「トラヤカフェ・あんスタンド」では、あんメニューの数々に興味津々。「ブラジルにはいろんな豆料理があるけど、甘い豆料理にはなじみがないの。初めて食べたあんの味は鮮烈だったわ」。

〝あんこの可能性〞を追求したフードやドリンクを販売する「トラヤカフェ・あんスタンド」。店内で練り上げたできたてのあんこは、舌触りと風味が自慢

12月3日(月)~2019年2月28日(木)の期間限定で、トラヤカフェ・あんスタンドが地上ポップアップストアを出店。「あんペースト葛 汁粉と白玉餅」(702円)を販売。※1月1日(火・祝)休み

小豆、砂糖、寒天のみを使った「あんペースト(シンプル)」(432円、写真手前)と、ひとくち羊羹6個入りの「ヨウカンアラカルト[抹茶・いちご・ジンジャー]」(897円、写真奥)

眺めるだけでも楽しいショッピングスポットへ

地上階「アヲ GINZA TOKYO」のコンセプトは“買える公園”。気に入った植物を鉢ごと購入できます。「銀座の真ん中に、こんなに緑があふれているなんて」とイルディコさん。

見たことない植物ばかり…
プラントハンターの西畠清順さん(そら植物園 代表)がプロデュースする「アヲ GINZATOKYO」。展示された植物が購入されると新たに別の植物に入れ替わり、パークの景色が変わります。世界に類を見ない銀座の「買える公園」、樹名板にも注目を。(写真の植物は撮影時のものです)

土産品を求め、地下1階「THE CONVENI」へ。コンビニエンスストアをコンセプトにした店内に、ペットボトルに入ったTシャツや、ジュース缶に入ったバッグなどがずらり。「どれも意外性のあるパッケージで楽しいわ」。

「THE CONVENI」のディレクターは、藤原ヒロシさん。ここでしか買えないアイテムも多数

あのソニービルが、とてもユニークな公園に生まれ変わっていてビックリ! 地上は緑いっぱいでリラックスできたし、お店も多彩で大満足。次は孫たちと一緒に来たい!

外国人読者レポーター
イルディコ・ゾルトさん
ブラジルのサンパウロで生まれ育ち、20代の頃に旅行で初来日。東京のモダンな空気が気に入り、翌年に移住。以降、ジャズやボサノバの歌手として多くのステージで活動した。現在は3人の孫の世話をしつつ東京生活をエンジョイ中

外国人読者レポーター募集中


data
1. 銀座つぼやきいも
2. 珞珈壹號(カッカイチゴウ)
3. ATELIER SHINJI GINZA
4. Ginza Sony Park