Special

〈阪堺線×荒川線コラボ企画〉東と西の魅力満載! 見どころいっぱい! 路面電車の旅に注目

2018/09/07 04:13


まもなく秋の行楽シーズン! この秋の注目は、情緒ある路面電車での旅。物理的にも街と駅との距離が近く、また地元の人の足として定着していて、その土地の素の表情が見られるのが魅力。今回はおなじみの「東京さくらトラム(都電荒川線)」と、ちょっと足を延ばして訪れたい大阪・「阪堺線」の沿線のおすすめスポットを紹介します。



パワースポット

「鬼子母神前」
雑司ヶ谷鬼子母神

「威光山法明寺」の境外仏堂である鬼子母神堂。中山法華経寺、入谷鬼子母神真源寺とともに“江戸三大鬼子母神”のひとつとして崇敬を集めています。

境内にはそのほか鬼子母神像、樹齢約700年で東京都指定天然記念物の大公孫樹なども。お散歩がてら立ち寄ってお参りしてみては。

雑司ヶ谷鬼子母神
豊島区雑司が谷3-15-20
TEL:03-3982-8347

※雑司ヶ谷鬼子母神の鬼の文字は一画目に点のないものを使います


駅併設のカフェ

「庚申塚」
甘味処 いっぷく亭

おはぎと抹茶のところ天が味わえる「はいからセット」918円

庚申塚停留場の三ノ輪橋方面行きホーム直結の店。こだわりのおはぎには、北海道産の小豆を丁寧に炊いた自家製のあんがたっぷり。やさしい甘さが特徴。

また、ところ天製造時に抹茶を加えた「抹茶のところ天」は同店のオリジナル。ホームに面した店内で路面電車が行き交う線路を眺めながらの休憩を。

「焼きそば」810円

甘味処 いっぷく亭
豊島区西巣鴨2-32-10
TEL:03-3949-4574

花の名所

「飛鳥山」
旧古河庭園

洋館を背景に咲き誇る、洋風庭園のバラ

洋館を背景とした洋風庭園と、日本庭園とが一度に楽しめるのが特徴。大正初期の庭園の原型をとどめる貴重な存在で、国の名勝指定を受けています。

年間を通じてさまざまな花が咲き誇る中、注目はやはり春と秋に咲くバラ。10月中旬には「秋のバラフェスティバル」の開催も。

趣ある日本庭園

旧古河庭園
北区西ケ原1-27-39
TEL:03-3910-0394

スイーツ

「熊野前」
パティスリーウールーグー

「ピスタ」432円、「くるみとキャラメルのタルト」421円

オーソドックスな定番のケーキと、独創的で期間限定のケーキのほか、焼き菓子などがそろう店。テイクアウトはもちろん、店内でのイートインも可能。ドリンクのこだわりは、焙煎後の鮮度にこだわった「生コーヒー」(454円)。

テーブル席、または外を眺めるカウンター席でくつろぎのひとときを。

※好きなケーキ1個と紅茶のセット「ティーSET」は875円、生コーヒーとのセット「生コーヒーSET」は842円

パティスリーウールーグー
荒川区東尾久3-35-9
TEL:03-6327-9522

お得な乗車券
都電一日乗車券

◆大人400円 ◆小児200円
通用期間中で乗車開始日当日に限り有効(1日乗り放題)

有効区間:東京さくらトラム(都電荒川線)全線
※利用当日、チケット提示で優待施設にて各種特典あり
購入:荒川電車営業所、都電乗車券発売窓口(一部を除く)
※使用当日に購入の場合は車中での購入も可
その他詳細は東京都交通局ホームページで確認を
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/