Gourmet

季節の味とアートを楽しむおいしいミュージアムカフェ巡り

2013/04/15 12:04


新緑の季節の散策にぴったりの“ミュージアムカフェ”。隅々まで美意識で満たされた、上質な空間で味わえるスペシャルなランチやスイーツをクローズアップしました。
※営業時間、休館日、チケット料金などは各施設に問い合わせを

今話題の企画展メニューが楽しめる美術館カフェ

image絵画のような色彩に心躍る、華やかなランチ

三菱一号館美術館「Café 1894」

赤れんがの風格ある建築が有名な「三菱一号館美術館」。現在、館内のカフェでは、展覧会メニュー「光の中の昼食」が楽しめます。印象派絵画の色彩や明透明感、かわいらしさを表現したという料理は、まるでテーブルの上に広がるアート。優雅な時間を過ごせそう。

「光の中の昼食」1680円
彩り豊かなオードブル3種とメインの「有頭海老と帆立貝のソテー アメリカ風~エディブルフラワーを添えて~」。※5月26日(日)までの11:00~14:00限定

imageExhibition
奇跡のクラーク・コレクション
- ルノワールとフランス絵画の傑作
●5月26日(日)まで開催中

ピエール=オーギュスト・ルノワール《劇場の桟敷席(音楽会にて)》1880年、油彩/カンヴァス、クラーク美術館所蔵 Image©
Sterling and Francine Clark Art Institute,Williamstown,Massachusetts,USA

image三菱一号館美術館「Café 1894」
■都営三田線「日比谷」駅徒歩7分、「大手町」駅9分
■03-3212-7156
http://mimt.jp/
※カフェのみの利用可能

image目にも鮮やかなスイーツは
フランスの至宝がモチーフ

国立新美術館「サロン・ド・テ ロンド」

「国立新美術館」はいつもときめきを与えてくれる新感覚のアートスポット。貴重な作品が並ぶ展覧会を鑑賞の後、気軽にスイーツやサンドイッチを楽しむなら、2階の「サロン・ド・テ ロンド」へ。作品にちなんだスイーツが、中世ヨーロッパ美術の華麗な姿をより印象深く心に刻みます。

「《貴婦人と一角獣》タペストリーへのオマージュ チョコレートのジェノワーズ ココナッツのソルべブラッドオレンジソースと共に」
(コーヒーまたは紅茶付き)1350円

※7月15日(月・祝)までの期間限定

imageExhibition
フランス国立クリュニー中世美術館所蔵 
「貴婦人と一角獣展」 
●4月24日(水)~7月15日(月・祝)

タピスリー《貴婦人と一角獣「我が唯一の望み」》
1500年頃 羊毛、絹 フランス国立クリュニー中世美術館蔵©RMN-Grand Palais/Franck Raux/
Michel Urtado/distributed by AMF-DNPartcom

image国立新美術館「サロン・ド・テ ロンド」
■都営大江戸線「六本木」駅7出口徒歩4分
■03-5770-8162
http://www.nact.jp/
※カフェのみの利用可能

 

image作品のイメージを表現した
アートなケーキをゆったりと

原美術館「カフェ ダール」

現代美術の神髄を紹介する「原美術館」は、慌ただしい日常を忘れさせる静かな佇まいも印象的。芝生の中庭に面した「カフェ ダール」では、展覧会ごとにイメージに合わせて趣向を凝らした“イメージケーキ”が話題を集めます。心地よい空間を五感で堪能してみて。

イメージケーキ「洋梨のムース」735円
展覧会の出品「海を見る」をイメージしたケーキ。ミントの香りとレモンのジュレが爽やか
※6月30日(日)までの期間限定

imageExhibition
ソフィ カル
-最後のとき/最初のとき
●6月30日(日)まで開催中

「海を見る」(部分)2011年、カラー写真©ADAGP Paris,2013 Courtesy
Galerie Perrotin,Hong Kong &Paris – Gallery Koyanagi,Tokyo

image原美術館「カフェ ダール」
■都営浅草線「五反田」駅徒歩17分、または都営バス「反96」系統「御殿山」下車徒歩3分
■03-5423-1609
http://www.haramuseum.or.jp/
※美術館への入館が必要

 

※画像の使用目的は、本展のご紹介のみとさせていただきます。本展終了後の掲載は出来ません。ご了承ください。

今話題の企画展メニューが楽しめる美術館カフェ|展覧会の余韻でのんびり過ごせる洗練のカフェ