Event

【東京コンシェルジュ】東京都と編集部がセレクトしたイベント情報を紹介

2018/12/07 04:49


科学・技術の未来を考える!
「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」

「ミルバーン電気自動車」 所蔵:国立科学博物館

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に! 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介します。中でも、「重要文化財」や「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、「でんきの礎」、「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です。

期間/2019年3月3日(日)まで
料金/一般・大学生1600円
小・中・高校生600円
会場/国立科学博物館
問い合わせ/TEL:03-5777-8600
(ハローダイヤル)

稀代の近代美術コレクションが一堂に!
「フィリップス・コレクション展」

フィンセント・ファン・ゴッホ《道路工夫》1889年 油彩/カンヴァス フィリップス・コレクション蔵 The Phillips Collection

米国で最も優れた私立美術館の一つとして知られるワシントンのフィリップス・コレクションの中から、アングル、コロー、ドラクロワなど19世紀の巨匠や、近代絵画の父マネ、印象派のドガ、モネ、印象派以降の絵画をリードしたセザンヌ、ゴーガン、クレー、ピカソ、ブラックらの秀作75点が来日。

期間/2019年2月11日(月・祝)まで
料金/一般1700円
高校・大学生1000円
小・中学生500円
会場/三菱一号館美術館
問い合わせ/TEL:03-5777-8600
(ハローダイヤル)

「エキゾティック×モダン
アール・デコと異境への眼差し」

ヴァン クリーフ&アーペル《中国風の卓上時計》1930年、Van Cleef & Arpels

20世紀初頭に流行した芸術様式であるアール・デコの作品の中から、アフリカやアジアに取材したダイナミックな絵画、彫刻を含め、30年代美術館、装飾美術館、モビリエ・ナショナルなど、フランスの美術館所蔵の国内初公開作品を中心に約90点を展覧します。

期間/2019年1月14日(月・祝)まで
料金/一般1200円
大学生(専修・各種専門学校含む)960円
中・高校生及び65歳以上600円
会場/東京都庭園美術館
問い合わせ/TEL:03-5777-8600
(ハローダイヤル)

江戸時代の料理を再現したレプリカも!
「大江戸グルメと北斎」

葛飾北斎『北斎漫画』 十二編「鰻登り」すみだ北斎美術館蔵(通期)

江戸時代に大きく花開き、北斎が活躍した時代に大きな進歩を遂げた和食文化。「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されてから5周年! 同展では、浮世絵だけではなく当時の料理を再現したレプリカやレシピ本などもまじえ、江戸時代の食の在り方を紹介しています。

期間/2019年1月20日(日)まで
料金/一般1000円
高校・大学生及び65歳以上700円
中学生300円ほか
会場/すみだ北斎美術館
問い合わせ/TEL:03-5777-8600
(ハローダイヤル)

※記事の無断転載は禁止します