Voice

大賞発表! “電車での過ごし方”を教えて

2013/12/10 12:15


ooedovoice

<今回のお題>“電車での過ごし方”を教えて

安くて、早くて、所要時間が読みやすい、便利な移動手段として活用度の高い“電車”。その移動時間に何をしているのか、ooedo読者に聞いてみました。

大 賞
© kai - Fotolia.com

© kai – Fotolia.com

乗客たちのバックグラウンドを想像してほっこり

乗り合わせた乗客の生活や性格、家庭環境などを勝手に想像しています。センスのいい服を着ていても靴が汚れている人がいれば「外見を気にするだけで、実はあまりオシャレじゃないな、家ではスウェットかな?」だとか、ベビー用品の入った大きな買い物袋を抱えている男性がいたら「仕事と子供のお世話で大変そうだけど、いいお父さんなんだろうな」だとか、ボーイッシュな格好をしているのに甘い香りの香水をつけている女性を見たら「実は甘えん坊なのかも」だとか。十人十色でみんな違うけど、その人のバックグラウンドを想像すると親近感がわいてきて、ほっこりとした気持ちになれるんですよね。(40歳・東京都)

入 賞

注意書きの英訳から新発見!
ドア付近で立っている時は、各国語で書かれた注意書きなどの英訳を読んでます。 「英語だと、こういうふうに表現するのか!」と、小さな発見を楽しんだりしています。(38歳・東京都)

英字新聞をどれだけ読めるか
朝の通勤時には、英字新聞を読んでいます。決まった時間である程度の分量の記事を読むことは、TOEICのリーディング対策になります。いつもより少しでも多く記事が読めると嬉しい気持ちになります。帰りの電車の中では、駅で見つけたフリーペーパーに懸賞の記事が掲載されていないかチェックします。懸賞葉書またはウェブサイトに書き込むネタを考えています。家に帰ったら早速、葉書やパソコンに向かおうと考えています。(41歳・東京都)

メール、うたた寝、読書…
メールをする。もしくは、うたた寝をする。そして図書館で借りた本を読む。重宝しています。(41歳・東京都)

地上でも地下でも車窓に釘付け
電車に乗ったら、地上地下関係なく車窓に魅入る。地上なら季節感を感じとれるのが、地下なら煩悩が飛ぶような感覚を味わえるのが好き。(36歳・東京都)

情報紙で気分転換
駅のラックでもらった「Ooedo living」などの情報誌を読んでゆっくり過ごします。PCなどでは得られなかったおでかけやおいしいモノの情報を得ることができるので気分転換になります。(38歳・東京都)

次回募集
大賞者には商品券プレゼント!
駅で体験した“うれしかったこと”を教えて

2014年1月20日(金)まで応募を受付中!

現在読者のみなさんからの“エピソード(体験談)投稿”を募集しています。 第3回の募集テーマは「駅で体験した“うれしかったこと”」。通勤に、外出時にと、日常的に利用する電車や駅であなたが体験した、ちょっと“うれしかったこと”を教えて。「今まで知らなかったショップ、サービスを発見した」「駅員さん、乗客などに助けられた」「ちょっと心温まる風景を見かけた」など、テーマに合った内容ならなんでもOK! 応募の中から編集部が選んだ大賞1作には、3000円分の商品券を進呈します。ふるって応募を。

たとえば…
「いつも前を通過するサンドイッチショップにたまたま寄ったら大好きなフルーツサンドを発見!」「駅通路の床の溝にはまったヒールが抜けず困っていたら、通りがかりの男性がしゃがみこんで引き抜いてくれた」「就学前くらいの小さな子どもがお年寄りに席を譲っているのを見かけてほっこりした気分に」など

応募する

応募締め切り
1月20日(金)まで