Spot

【エコと暮らし】自然と仲良くなれる 注目の掃除法とは

2017/11/03 12:24


Vol.22 ナチュラル素材でエコにお掃除を

171103_oedo_eco01酸性の汚れにはアルカリ性、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うと、汚れは中和・分解されて落ちやすくなります

身近なナチュラル素材を使って汚れを落とすお掃除法が広がりを見せています。代表的なものとしては「重曹」「クエン酸」ですが、「重曹より使いやすくて洗浄力があるのに、手荒れの心配が少ない」と注目されるのが「セスキ炭酸ソーダ」。メディアから一般にも知られるようになりました。
どれも人や環境に負担が少ないとされる「自然素材」で安全性が高く、最近は百円ショップでも手に入る手軽なものばかりです。
主な特徴を比べてみると、(1)「重曹」は、粒子が細かく、粉のまま茶渋や鍋の焦げ付きに使うと、おだやかな研磨効果があります。生ごみなどに振りかけると消臭効果もあります。水に溶けると弱アルカリ性を示します。(2)「クエン酸」水溶液は酸性なので、水垢、トイレの黄ばみなどアルカリ性の汚れにスプレーすると、汚れやニオイが落ちやすくなります。(3)「セスキ炭酸ソーダ」は、重曹と炭酸ソーダの中間的な物質で、重曹と似た性質を持ちますが、アルカリ度は重曹の約10倍。また重曹より水に溶けやすいので、水溶液をスプレーにして使うと、油、皮脂、血液など酸性の汚れやニオイを落とすのに効果的。ひどい油汚れにも、高いパワーを発揮します。
これらの性質を正しく理解して上手に組み合わせると、ほかにも応用できます。人や地球にやさしいエコ掃除、気になる汚れから試してみませんか?

このコラムは…
「エコプラザ」のスタッフが、社会や環境を美しく豊かにするため、エコと暮らしに関わるさまざまな情報を紹介します

TOPICS
エコプラザ
11/21(火)18:00~20:00

「第15回 みなとCSRアイデアソン~社会と企業の『協創』を活性化~」

港区に在住・在学・在勤の人を中心に、さまざまな立場の人がCSR―特に環境やソーシャルビジネスに関する活動の実現に向けて、アイデアや意見を交換する交流会です。ほかにも環境に関わるさまざまなイベントを開催。詳細はWebへ。

問い合わせ
港区立エコプラザ 東京都港区浜松町1-13-1
TEL:03-5404-7764/開館時間9:30~20:00
休館日: 第4月曜および年末年始(12/29~1/3)
※第4月曜が祝日のときはその翌日
詳しくはhttp://minato-ecoplaza.net/