Special

本場の美味を都内で体感! 外国人シェフの店

2018/03/09 04:44


世界中から人や食材、食文化までもが集まる街・東京。そこで今回は、都内にいながらにして本場そのままの味が堪能できる、外国人シェフの店に注目しました。

ハンガリー

パプリカパウダーをたっぷりと
やさしい赤色と旨味、深みが特徴

「スペシャルランチ」2100円。手前からグヤーシュスープ、ロールキャベツ、自家製パン、紅茶、週替わりデザート※サ料別

ハンガリーの食文化を日本に伝えるべく、同国政府の要請で開業したというハンガリー料理の店。パプリカ発祥の地とも言われる同国の料理には、パプリカは欠かせない存在。牛肉、野菜をたっぷりのパプリカパウダーと調味料で煮込んだ「グヤーシュスープ」はさらっとしていて旨味と深みがたっぷり。結婚式などにも登場する家庭料理「ロールキャベツ」は米と肉をキャベツで包み、パプリカを模して成型。味付けにはやはりパプリカパウダーが使用されています。

オーナーの東孝江さんは2013年に「ハンガリー功労騎士十字勲章」を受章

アズフィノム
渋谷区神宮前2-19-5
AZUMAビル地下1階
TEL:03-5913-8073

フランス

現地の“ブション”を再現
伝統的なリヨン料理に舌鼓

「リヨン風クネル モリセットゥおばあさんスタイル ナンチュアソース」2500円

神楽坂に店舗を構えるリヨン料理の店。ぬくもりある雰囲気の中でリヨンの名物料理とワインを楽しむ“ブション”をイメージ。内装、テーブル、カトラリーにまでこだわり、再現しています。「リヨン風クネル」はカワカマスのすり身をオマールエビのクリームソースとともに焼き上げた、リヨン料理の代表格。前菜「コショナイユ」は自家製のテリーヌなどシャルキュトリの盛り合わせ。プラリネのデザートと合わせて、リヨンを堪能するひとときを過ごしてみては。

「リヨン名物のタルトプラリヌとウフアラネージュ」1000円

前菜の肉の盛り合わせ「コショナイユ ブションリヨネ風」1500円

※上記3品も選べる「ランチコース」(2850円)あり ※サ料別

ルグドゥノム・ブション・リヨネ
新宿区神楽坂4-3-7
海老屋ビル1階
TEL:03-6426-1201