Special

ムスリムの食文化を体感 注目!本場の“ハラルフード”

2017/06/23 12:07


海外に目を向ければ、宗教が生活や文化と一体となっている国も。
そこで今回、世界に多数ある、イスラム教徒が多く生活する国の食文化が体験できるレストランに注目。イスラム法では、アルコールと豚肉の飲食が禁じられ、適切に下処理された鶏肉、牛肉、羊肉などを含むその他の食材が“ハラル”(飲食可能)とされています。 ムスリムでなくても食べたい美味と異国の文化を、一度に味わってみては。

マレーシア

他国のムスリムからも人気の国
旅行者がハマる屋台の味を再現

170623_daiichi01

手前から「焼ききしめん」1260円、「カリーパフ」200円

マレーシア屋台の味を再現、提供するレストラン。ハラル食材のみを使用、またムスリムのシェフや調理スタッフが在籍しているのだそう。旨みたっぷりの金目鯛の頭を砕きながら食べる「フィッシュヘッドカレー」は、魚専用のスパイスを使用した、あっさりとコクのある味わい。幅広の麺が特徴の「焼ききしめん」は、甘みと塩気のバランスのよい黒醤油に少し辛味を利かせたメリハリのある味付けと、野菜やエビの食感が楽しい。他国のムスリムから人気の旅行先でもあるマレーシアの魅力が感じられそう。

170623_daiichi02

手前から「フィッシュヘッドカレー」1680円、「ココナッツライス」380円

170623_daiichi03

マレーチャン1
豊島区西池袋3-22-6
TEL:03-5391-7638

エジプト

経歴多彩な2人のシェフによる
本格的なアラブ料理を堪能

170623_daiichi04

「タブレ」890円

カイロの五つ星ホテルで経験を積んだサミホさんとエジプト大使館専属の料理人だったマホフォゾさん、2人のシェフによる本格的なアラブ料理の店。前菜「タブレ」はたっぷりのパセリとクスクスをレモンで爽やかに仕上げた一品。ほかソラマメをじっくり煮込んでクミンやコリアンダーなどのスパイスで味付けた「フルミダムス」、ライスとパスタと豆を合わせた国民食「クシャリ」など、エジプトの本場の料理が堪能できる。シェフもスタッフも全員ムスリム、食品もハラル食品のみを使用。

170623_daiichi05

「クシャリ」1200円

170623_daiichi06

「フルミダムス」820円

170623_daiichi07

170623_daiichi08

ネフェルティティ東京
港区西麻布3-1-20、Dear西麻布1階
TEL:03-6844-8208