Special

【この街、再発見!】浅草

2016/10/27 12:42


160227_oedo_daini02

老舗店が軒を連ね、芸能の盛んな地としても知られる浅草。今、昔ながらの粋な風情と、新しい魅力が混じるこの街には、日本のみならず、世界中から人が集まります。今号は、近年オープンした店舗を中心に、浅草エリアの新たな一面を探ります。

SPLENDOR COFFEE

芸術家や文化人が集まるアメリカ・ブルックリンのコーヒースタンドをイメージしたという、開放的ながら落ち着いた雰囲気が魅力。バリスタが淹れる本格コーヒー(500円から)は、豆の種類や焙煎度が異なる5種。飲み比べれば味の違いが楽しめます。最新ロボット操縦体験や飴細工づくりなど、他業種とコラボしたさまざまなイベントを毎月開催。

160227_oedo_daini15

革張りソファやインダストリアルデザインの家具がおしゃれ。フリーWi-Fi完備、一部の席では電源の用意も。パソコン持参でゆったりと過ごす人の姿も

SPLENDOR COFFEE
台東区寿4-13-10
月~木曜9:00~18:00、金・土曜9:00~19:00、日曜10:00~18:00
水曜定休
TEL:03-5830-3509
http://www.splendor-coffee.com/

居酒屋 ブンカ

外国人に人気のデザインホステルに併設された居酒屋。自慢料理は、季節に合わせた日替わりのお総菜。常時30種ほどがそろう日本酒は、1杯90mlからオーダーが可能(一部銘柄を除く)で、多彩な酒を少量ずつ味わうことができます。1人客が多く、時には隣の席の外国人と意気投合する、居酒屋ならではの光景も見られます。

160227_oedo_daini16

「旨辛トマト鍋」(1人前、1200円)、オリジナルラベルの「カップ酒」(180ml㎖、500円)は新潟・佐渡の酒蔵で作られた辛口

居酒屋 ブンカ
台東区浅草1- 13- 5、BUNKAHOSTEL TOKYO1階
16:00~23:00(LO22:30)、日曜定休
TEL:03-5806-3444
http://bunkahostel.jp/ja/food/

ASAKUSA MADE

革製品の町工場や問屋がひしめく奥浅草エリアで発足したブランドが、今年3月にオープンした直営店。軽さと丈夫さを兼ね備えた高品質な本革を界隈で仕入れ、トートバッグや着せ替え可能なメッシュバッグ、財布やカードケース
など26種のアイテムを生み出しています。革の色や質感も多彩。修理などのアフターフォローも。

160227_oedo_daini17

本革の大きめバッグも2万円前後。どれも一点モノだから、お気に入りとの出合いを大切に

ASAKUSA MADE
台東区花川戸2-17-1
11:00~19:00
水曜定休
TEL:03-5246-4681
http://www.dmb-asakusamade.co.jp


地方の魅力を浅草で見つけた! まるごとにっぽんへ

アメリカから来たエリーナさんが体験!
昨年12月にオープンした「まるごとにっぽん」は、日本各地を“旅する気分”になれるスポット。52店舗が、各地のモノ・コト・ヒトの魅力を発信しています。

まるごとにっぽん
台東区浅草2-6-7
無休
http://marugotonippon.com/

160227_oedo_daini03

信州木工館

信州人の技術とセンス遊び心に触れられる
長野県ゆかりの作家たちの木工作品を集めたセレクトショップ。オリジナル商品が多く、伝統を大切にしながらも現代の暮らしに合うアイテムがそろいます。店頭で存在感を放つ「アイデア引き出し」(1杯約1万円から)は前板に時計が埋まっていたり、写真が入ったりと楽しい仕掛けが。「木目がきれい」とエリーナさん。

160227_oedo_daini04

信州木工館がプロデュースする弦楽器。写真は、松本市の工房で製造されたギターに、作家が漆や彫刻、象眼などの意匠を施したコラボ作品

160227_oedo_daini05

漆加工されたガラスの器。手前から「ロックグラス」(各5184円)、小鉢「蕾S」(各7452円)

160227_oedo_daini06

 グラスの底にはきらめく星空が広がります

信州木工館
まるごとにっぽん2階
10:00~20:00
TEL:03-3841-7880
http://www.woodnagano.com/

fruvesee

日本で実ったドライフーズ好きなものを好きなだけ
各地の生産者が丁寧に作った国産のドライフルーツとドライベジタブル、グラノーラの店。量り売りコーナーでは20種以上のドライフーズを、好きな分量で袋に詰めて購入できます。自宅用には袋で、プレゼントにはかわいい容器にと、用途に応じてパッケージを選べます。「味が凝縮されて甘みもたっぷりのドライフルーツ大好き!」。

160227_oedo_daini07

味見は店員さんに一声かけて

160227_oedo_daini09

ベリーのような甘さの「塩トマト」(写真、69円/10g)

160227_oedo_daini08

「フル・セレ」(各1480円)。〝フルーツシュガー〞はお湯を注いでホットドリンクに、〝フリーズドライフルーツ〞はヨーグルトのトッピングなどに!自由に楽しんで

fruvesee(フルベジール)
まるごとにっぽん1階
10:00~20:00
TEL:03-3842-3030

茶寮 つぼ市製茶本舗

利休ゆかりの地、大阪・堺老舗茶店が関東初出店
のれんをくぐった先の店内は、堺漆喰の職人が作った鈍色の壁に囲まれ、落ち着いた雰囲気。ショップコーナーの奥にカフェスペースがあります。店最高級のオリジナル抹茶「堺の昔」は苦みを抑え、うまみを味わえるのが特徴。「いい香り! 抹茶の風味が、甘い和菓子と相性ぴったりですね」と抹茶初体験のエリーナさん。

160227_oedo_daini10

堺の町家をイメージした内装は、リラックスできるいいムード

160227_oedo_daini12

抹茶「堺の昔」と定番の干菓子「利休抹茶ぽるぼろん」、丹波栗の甘みが広がる「栗茶巾」のセット(1134円)。もなかの皮(プラス129円)で、栗茶巾を挟むのもOK。

160227_oedo_daini11

右はお茶やお菓子の箱を自由に組み合わせられるギフトボックス(写真のセット2299円)。左は上煎茶2本入りの「茶箱ギフト」(3240円)で、たくさんの風呂敷から好みの色柄を選んで包んでもらえます

茶寮 つぼ市製茶本舗
まるごとにっぽん2階
10:00~20:00(カフェLO19:30)
TEL:03-3841-0155
http://www.tsuboichi.co.jp/saryo

160227_oedo_daini13

日本らしいものがいっぱいあって楽しかったです。ほかのフロアやお店にも行って、もっと日本を知りたくなりました。

外国人読者レポーター
エリーナ・パーソンさん
アメリカ出身。今年7月に来日。日本語学校に通いながら大学を受験し9月に合格

外国人読者レポーター募集中

160227_oedo_daini14

data
1. SPLENDOR COFFEE
2. 居酒屋 ブンカ
3. ASAKUSA MADE
4. まるごとにっぽん