Event

【東京コンシェルジュ】東京都と編集部がセレクトしたイベント情報を紹介

2017/11/10 12:08


「パリ♥グラフィック
ロートレックとアートになった版画・ポスター展」

171110_oedo_con01

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ディヴァン・ジャポネ》1893年 多色刷りリトグラフ 三菱一号館美術館

トゥールーズ・ロートレックやそのほかの前衛芸術家たちにより、19世紀末のパリにおいて新たな芸術表現を切り拓く重要なメディアとなった版画。この展覧会では、リトグラフ・ポスターを中心に、油彩・挿絵本などを加えた計約140点を展覧しながら、当時のパリにおける版画の多様な広がりを検証していきます。

期間/2018年1月8日(月・祝)まで
料金/一般1700円、高校・大学生1000円、
小・中学生500円
会場/三菱一号館美術館
問い合わせ/TEL:03-5777-8600
(ハローダイヤル)

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

171110_oedo_con02

フィンセント・ファン・ゴッホ《花魁(溪斎英泉による)》1887年、油彩・綿布、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 (C)Van Gogh Museum,Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

オランダに生まれたフィンセント・ファン・ゴッホにとって、創意の源であり夢にまで見た理想郷だった日本。同展は、ゴッホと日本との相互の関係にスポットをあてた、ファン・ゴッホ美術館との共同プロジェクトとなっています。

期間/2018年1月8日(月・祝)まで
料金/一般1600円、大学・専門学校生1300円、
高校生800円、65歳以上1000円
会場/東京都美術館
問い合わせ/TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」

171110_oedo_con03

ヴァシリー・カンディンスキー《商人たちの到着》1905年 宮城県美術館蔵

抽象絵画の創始者ヴァシリー・カンディンスキーを中心とするドイツ表現主義と、20世紀フランス最大の宗教画家ジョルジュ・ルオーの関連性を探る初の試み。油彩画を中心に約130点が出品されています。

期間/12月20日(水)まで
料金/一般1000円、大学生700円、
中・高校生500円、65歳以上900円
会場/パナソニック 汐留ミュージアム
問い合わせ/TEL:03-5777-8600
(ハローダイヤル)

「アート」が「ドラえもん」と出合う、特別な瞬間
「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

171110_oedo_con04

前回「THE ドラえもん展」村上隆 出展作品 「ぼくと弟とドラえもんとの夏休み」(2002年)(C)Fujiko-pro & Takashi Murakami / Kaikai Kiki 2002

「あなたのドラえもんをつくってください」のコンセプトに共鳴した28組のアーティストが集い、「ドラえもん」への思いが詰まった世界にひとつだけのアート作品を発表します。

期間/11月1日(水)~
2018年1月8日(月・祝)
料金/一般1800円、中・高校生1400円、
4歳~小学生800円
会場/森アーツセンターギャラリー
問い合わせ/TEL:03-5777-8600
(ハローダイヤル)
チケットを5組10人にプレゼント

「パリ♥グラフィック展」のチケットを5組10人にプレゼント。11月25日(土)までに、WEBで応募を。応募者多数の場合は抽選。

応募はこちらから